FXブログ

2018/4/24のFX外国為替各社の予想、昨日は予想通り円安に

更新日:

昨日の流れ

昨日は書いていたように円安に流れて行きましたね(^^;

インフレ懸念から米金利が上昇し、また地学リスクの後退等により1日で円安に思いっきり流れました。

今日の予想

引き続き円安と言いたい所ですが、流石に少し急激に円安に流れ過ぎ感があり、日中はポジション調整をしながらレンジ相場になると思われます。

レンジ相場

ただ、輸出企業などが売りに出てくる可能性もあるので一時水準を戻してくる可能性もあります。

また夜はアメリカの3月新築住宅販売件数発表があり、前月よりやや落としてしまう為、こちらでも戻してくる可能性があります。ただ、市場予想を下回ってもそれほど落ちる事はなさそうです。

中期的には更に円安に流れる事を警戒しておいた方が良いと思われます。

重要な経済指標

下記が今日の重要な経済指標となります。明日はあまり重要な指標がありません。この時間帯またユーロ市場やアメリカ市場開始時には大きく動きやすいので注意しましょう。※マークは超重要です!

  • 24日17:00 ドイツ 4月 IFO企業景況感指数
  • 24日22:00 アメリカ 2月 ケース・シラー米住宅価格指数
  • 24日22:00 アメリカ 2月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]
  • ※24日23:00 アメリカ 3月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]
  • ※24日23:00 アメリカ 3月 新築住宅販売件数 [前月比]
  • 24日23:00 アメリカ 4月 リッチモンド連銀製造業指数
  • 24日23:00 アメリカ 4月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

各社の予想

各社のFX予想になります。

ロイター

108.20-109.20円

[東京 24日 ロイター] - <07:55> ドル108.20─109.20円の見通し、戻り売りで上昇一服か きょうの予想レンジはドル/円が108.20―109.20円、ユーロ/ドルが1.2160─1.2260ドル、ユーロ/円が132.20―133.20円とみられている。ドルは米金利の上昇などを背景に、海外市場で一時108.75円まで上昇。2月12日以来2カ月ぶりの高値をつけた。速い上昇ピッチはやや「スピード違反」(ブローカー)ぎみだといい、朝方の市場では戻り売りを警戒する声が出ている。久々の円安水準とあって、輸出企業など実需筋が売りに動く可能性もある。

https://jp.reuters.com/article/tokyo-frx-idJPL3N1S06PG

SMBC信託銀行

107.30-108.30円

先週末のドル円は3日続伸。3月の日本の生鮮食品を除く消費者物価指数上昇率が前年比0.9%と前月より鈍化する一方、原油価格高止まりを受けたインフレ懸念から米金利が上昇し、円安ドル高の流れ。ドル円は107円台前半から2月21日以来の高値となる107円台後半へ上昇する場面もあったが、米株価下落のなか上昇幅を縮小して越週した。週末に北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイルの実験停止を発表したことを好感して、今朝のドル円は107円台後半から上昇して始まっている。市場予想によると、本日発表の4月の米製造業PMIは前月比低下、3月の米中古住宅販売の伸びは鈍化の見通し。市場予想を下回っても一目均衡表転換線107円26銭辺りではサポートされるとみる。節目の108円を超えれば同雲上限109円32銭辺りまで上昇余地は広がろう。(白鳥)

https://www.smbctb.co.jp/rates_reports/reports/fx_daily.html(当日の予想なのでリンクを外させて貰っております)

みずほ銀行

108.20─109.20円

ドル円は堅調推移しそうだ。昨晩は約2ヶ月ぶりに108円台を回復し高値108.75まで上値を更新した。朝鮮による核開発・弾道ミサイルの放棄による地政学リスクの後退、米長期金利の上昇、本邦企業による英企業の超大型買収の話など、ドル/円の上昇をサポートするニュースが相次いでいる。先週末は米朝首脳会談に向けて朝鮮による核開発・弾道ミサイルの放棄が決定され地政学リスクが後退した。5月開催予定の米朝首脳会談では北朝鮮による西側諸国への歩み寄りへの期待が募る格好だ。また、地政学リスクの後退などから米債券が売られており米金利の上昇に繋がっている。FEDメンバーの間では長期金利の上昇について見方が分かれており、一段の金利上昇に拍車がかかるのかについては見極めが必要ではあるが足元の経済指標を受けてインフレ期待も高まっており、一時的にドルが買われやすい地合いと言っていいだろう。また、昨今目を離せない話題としては本邦企業による超大型買収の話が出ており、先週末には提示額を621.1億ドルに引き上げたというニュースが囁かれている。海外企業買収による巨額の円売りの可能性も相場を底支えしているのかもしれない。本日も引き続き上値を伸ばす展開を予想。リスクは日本の政治問題。ドル円の上昇を後押しするニュースが多い中、野党が麻生財務大臣の辞任を求めるなど現政権の体制維持が危惧されており、不祥事が相次ぐようだと相場の上値も抑え気味となるか

https://www.mizuhobank.co.jp/market/pdf/daily/dmn180424.pdf(リンクが切れたので外させて貰っております)

オススメコンテンツ

オススメコンテンツ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
  • この記事を書いた人

nori

FXや仮想通貨のブログやコラムを作成しています。良かったら利用して下さい(^^)/

-FXブログ
-, , , ,

Copyright© FXや仮想通貨とは?初心者向けブログ , 2018 All Rights Reserved.